ホーム>スタッフブログ>ハリー中野の宝石コラム>モテ男の必需品 ダイアメンズリング
ハリー中野の宝石コラム

モテ男の必需品 ダイアメンズリング

202012115710.png

 

例えばレオンなどの男性向けファッション雑誌は「ちょいワルおやじ」などという魔法の言葉を編み出しては、世のおっさんのお姉ちゃんにモテたい、好かれたい、三密に接したいというスケベごころをくすぐりながら、様々なモテ男必携アイテムを紹介して、広告収入を稼ぐとともに発行部数も伸ばしていくという巧妙なマーケティング戦術を展開しております。

 

しかし、実のところは、いくらどんなモノをどれだけ身に着けようが、モテない男はモテないに決まっているのです。

 

もちろん、接待を伴う夜の街の飲食店のたぐいに行きますと、支払った対価に比して、若いピチピチしたお嬢さんがありがたいことに、モテた気分にさせてくれる訳です。

 

しかしながら、理屈上はその様な場所に行くのに、何もわざわざ装備品として、モテアイテムを所持、携帯、着用する必要などなく、まったくの丸腰、なんならスウェットの上下でもお金さえ落とせば、向こうは商売、当然モテた気分にさせてくれるわけです。

 

ただし、丸腰スウェットとだとお姉ちゃん達が困る。なぜなら褒めるところが見つからないから。せいぜい「わーっ、かっこええスウェット!美津濃ちゃいますの?」で終わっちゃう。

 

男というのは間抜けなもので、持ち物や着てるものを褒めらると、自分がモテててると勘違いする習性がございますので、丸腰だとお姉ちゃんサイドの営業戦略上まことに具合が悪い。スウェットの下は腹のだぶついた、加齢臭発散する五等身、うすら禿げの冴えないおっさんな訳ですからもう手も足も出ない。

 

という訳で、世の道理をわきまえた遊び人のオヤジたちは、お店の女の子に敢えて賛美の会話の糸口を与える為という、お遊びの場所での暗黙のお約束事に従って、全身ブランドで固めて夜の街へと出陣するのでございます。

 

今回ご紹介いたしますこちらのメンズリング。そういった夜の街の遊びの達人に、是非お勧めしたい一品でございます。

 

昔はメンズリングと申しますと、印台などのデザインに代表されますよう、どうもガラの悪い印象があり、まっとうなカタギの紳士のするものではないという風に見なされてきたわけでございます。

 

しかし世の中は移ろい、チョイワルなどの言葉にも見てとれるよう、ちょっと不良っぽい男がセクシーなどというファッション業界のまことしやかな誘導のもと、小心小市民のお父さんも、イタリアンマフィアもかくやとばかり、めかしこんで所謂夜の街関連施設に乗り込むご時世。

 

そんな時こそ、お洒落な指輪の一つでも着けて、ダサさに堕ちることなく、しかし不良っぽく、セクシーにキメたい。そんな高望みのあなたにピッタリな指輪がこちら。

 

どうですこのスタイリッシュな構造美。幅広で分厚いプラチナの平打ちリングに、長方形のバケットダイアを横置き等間隔で4つ埋め込んだ、いたってシンプルな作り。しかしこの肉厚でソリッドなリング本体部分のプラチナムが、無色透明鋭い輝きを放つダイアとあいまって、極めてクールな印象をかもしだしているではありませんか。これぞサイバー社会の現代を生き抜く男の象徴!

 

しかし、こんなお洒落な指輪着けて行きゃ、おとうさん、ひょっとすると瓢箪から駒、マジでモテちゃったりするかもしれませんぜ。まったく隅に置けないんだから旦那。よっ、色男!

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/01002103/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.maruyo78.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1743