ホーム>スタッフブログ>ハリー中野の宝石コラム>最高品質オーロラ天女の真珠
ハリー中野の宝石コラム

最高品質オーロラ天女の真珠

202071810207.png

 

さて、本日ご紹介いたします、おすすめ掘出し品は、オーロラ天女花珠パールネックレスでございます。

オーロラ天女って何ですか?通天閣のオーロラ輝子やったら知ってんねんけど?

ようお尋ね頂きました。ほな、ご説明させていただきます。まず、その前に養殖真珠について簡単におさらい。

真珠は天然が本来の姿。海産物の貝を収穫していく中で、たまに出てくるラッキーなおまけのような海の宝石。それをなんとか、貝を利用して人の手で作れないかと考えたのがミキモトの創始者、御木本幸吉翁。

彼が試行錯誤の末、世界で初めての養殖真珠を完成させた偉業はGIAの教科書にも、カルティエの創業者、ルイ・フランソワーズ・カルティエやキングオブダイアモンド、ハリーウィンストンと並んで紹介されているのほどの宝石業界伝説の偉人。

御木本さんのお陰で真珠産業が日本の地場産業として大きく発展した今日、日本の真珠生産は質、量ともに世界のマーッケトにおいて、他の追随を許さぬレベルであるとともに、その研究、分析も世界のトップレベルにある事言は言うまでもありません。さて、この真珠研究の日本における、という事は自ずと世界における最高権威が、真珠科学研究所なのであります。

ミキモトで長年真珠研究に携わっておられた、小松博博士が1987年に設立された真珠科学研究所は正に真珠の鑑定、鑑別、評価どの面において業界に規範を示す、ダイアモンドおけるGIA(米国宝石学協会)に相当する真珠専門の研究機関と言っても過言ではございません。

さて、その真珠研究所が威信をかけて、最高級品質の真珠にのみ与える名称がこの「オーロラ天女」の称号。真珠科学研究所の用語解説を引用させて頂きますと、

“ オーロラ花珠の中で特にテリが際立っていることを強調する特別呼称。その具体的な証は、輝度分布値を測定する装置で最高値の90%以上を示すこと、反射干渉光の放つ色模様が、赤から緑まで3色以上鮮やかに出現することの2つの必要十分条件を備えていることに示されます。”

この真珠のレベルをダイアモンドに例えるなら、GIAが証明するDカラー、VVS1、エクセレントクラスの石に匹敵する最高品位のランクということになります。さらに、この真珠ネックレスの場合47珠ございますから、47個のD-VVS1-EXのダイアが連なって出来ているテニスネックレスのようなもの。しかも真珠の直径が8.5ミリ~9.0ミリの大粒。このようにご説明申し上げますと、こちらのお品がいかにすごいものかご理解頂けるのではないでしょうか・

さて、いざこのクラスの真珠ネックレスをミキモトさんでお求め頂きますとまず、200万円は軽く超えるはず。畏れ多くも、やんごとなきクィーン、プリンセス、お后、妃殿下がお着けあそばすレベルの真珠といって間違いございません。

さあ、そんな凄いお宝が質屋でお求め頂くとこんなにもお安いのは何故でしょう?

それはね、ここだけの内緒の話なんだけど、古物業界の真珠の買取価格って驚くほどやすいんです。文字通り二束三文。一度でも処分や査定を受けた方ならご存じのはず。この真珠のネックレスはとある業者さんから仕入れたものなんで、そこそこ仕入れ値は高いんですが、質の買取値が安いんで高く売れないってからくり。

お客様には大変お得なカラクリじゃございませんこと?

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.maruyo78.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1593