ホーム>スタッフブログ>2021年3月

2021年3月

夜桜

夜桜


今年も娘と近所の公園に桜を見に行ってきました。
夜はぼんぼりが灯されていて昼間とはまた違った幻想的な雰囲気で本当に綺麗でした(^-^)

Aでした(^^)


李香蘭がつけていたかも?ヒスイの腕輪

2021320135911.png

 

 

三十年ほど昔、仕事で香港に居住しておりました事は今までにも幾度も申し上げております故、くどいとお叱りを受けるやも分りませんが、年寄りの繰言とご辛抱頂きお付き合い下さいませ。

さて、日本で言う終戦記念日はあちらでは戦勝記念日。テレビ、マスコミでは、日本軍の占領からの解放、勝利を祝う特番などが頻繁に流され、抗日運動をたたえる機運が最も盛り上がりを見せるのがこの時期。その期間、在留邦人のわたくしどもとしましては何やら肩身の狭い、居心地の悪い気分を味わったものでございます。。

なにせ、我々が出店しておりました、香港ペニンシュラホテルは日本統治時代には東亜ホテルと名前も改め、日本軍専用のホテルだった場所。何かにつけ当時のニュースフィルムで登場するわけで、どうもバツが悪い。それに加え、わたくしの祖父は帝国陸軍の軍人として中国に出征した経歴の持ち主。そんな事は向こうのスタッフなんかには口が裂けても言えません。

実際、大日本帝国は現在の中国東北地方に満州国なる、表向きは清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀を元首に据えて、中国人による独立国家の体を装った日本の傀儡国家をつくったのでございます。この経緯は巨匠、坂本龍一先生のテーマ曲でも有名な映画「ラストエンペラー」にも詳しく描かれているところでもございます。

さて、その映画で、俳優としも出演した坂本龍一が演じたのが、満州国、影の黒幕、甘粕正彦。

まだ、テレビなどというものが無かった当時、映画こそが娯楽の王様。これを利用して満州国民、しいては中国全土に日本の影響を与えんものと設立されたのが、満州映画協会、略して満映。いわゆる国策映画なる映画を通じてのプロパガンダ戦略の発信元。そして、この満映の理事長であったのが時の宰相、東条英機の教え子でもあった甘粕であったのです。彼が満映を通じ、中国全土を睨み、いったい何をもくろんでいたのかは今となってはまったくの謎として歴史の彼方に埋もれ果ててしまいました。

しかし満映が生んだスーパースターは、いまだに歴史に翻弄された美人女優として伝説の中に生きているのでございます。

その人の名は李香蘭。絶世の美貌と美しい歌声で当時、中国、日本を通じて絶大な人気を誇っていたのでございます。

その人気たるや現代のわれわれの想像を遥か超えて凄まじく、日本公演の開催会場となった日劇には、彼女を一目見んと集まった群衆が7周半取り囲み、消防車まで出動する騒ぎになったほどだとか。

さて、この李香蘭、名前だけ見るといかにもの華人なのですが、実は本名、山口淑子というれっきとした日本人。

中国で日本人の両親の元生まれ育ったがため、日中の完全なバイリンガル子女。映画デビューに際しては、満州、中国人の人気を獲得するために敢えて中国名の芸名を付けたのでございましょう。この作戦が功を奏したのか、はたまた彼女の本来備わっていたスター性の賜物か、日中両国で一挙にスターダムに昇りつめます。

しかし、突然悲劇が彼女を襲います。日本の第二次大戦の敗戦が彼女の運命を大きく狂わせるのです。

なんと彼女は中国人でありながら、日本のプロパガンダ戦略に加担した反逆者という罪で中国当局に捕えられ、銃殺刑に処せられる運命が待ち受けていたのであります。

この窮地を友人、知人等の助けを得てようやく日本人である事が証明され、九死に一生を得、国外追放という形で日本に帰国いたします。

もちろんこれだけの大スター、帰国後も山口淑子として銀幕で引きつづき活躍した後、テレビの司会、そしてなんと国会議員の先生にまで昇りつめ、94歳の天寿を全うされたのでございます。

 

彼女の波乱の生涯は何度かテレビドラマや舞台化されてまいりました。

1989年フジテレビ製作の「さようなら李香蘭」はその物語の最後、李香蘭の名前を捨てて、日本に帰国する場面。美人女優李香蘭を演じるには彼女をおいて他に無いと抜擢された沢口靖子演じる李香蘭こと山口さんが、引き揚げ船から通り過ぎて行く懐かしい上海の街を眺め、惜別の涙を流すシーンで終わります。

このシーン、バックに流れるのが、歌の上手さは日本一と評判の玉置浩二が歌う「行かないで」という曲。

この曲は後年、カヴァー曲として香港の人気歌手、張學友がなんと曲名もずばり「李香蘭」と変え、広東語に歌詞を置き換えて歌い大ヒットさせております。いまでもこの曲は中国語圏で様々な歌手がカヴァーするポピュラーソングの定番となっているそうでございます。

これにはきっと李香蘭という大スター、人気アイドルを戦争の終焉とともに突然失った、当時の中国の多くのファンのやるせない気持ちが込められているからではないのでしょうか

理由は明らか、日中の歌のタイトルを合わせれば「行かないで」「李香蘭」。

 

さて、今回ご紹介いたしますのはそんな世紀の大スター李香蘭が着けていたのではないかというくらいに時代がかった、かつまた、中国風な豪華なヒスイのバングルでございます。

こちら、なにせ金性の刻印がPM850とあります。今ならPt850と刻印するのが当たり前のところ。調べてみれば1960年あたりからPt表記変わったしいと言いますから、最低でも60年以上は前の物。ちょうど李香蘭が活躍していたのが約80年前ですから年代的にもピタリと一致。

この留め部分の細工なども、いまなら様々なスタイルの出来合いのクラスプ金具があり、そのバングルやブレスレットの形状に合わせ付け替えるのですが、こちらいかにもそういった物が一切無かった時代の職人さんの工夫といった感じ。そして地金部分に穿たれている花模様は手彫りの細工。そしてヒスイやダイアモンド使われている宝石の石留めが全部フクリン、ミル打ちの拵え。いやー、こりゃもう立派なアンティークでございますね。

だいたい戦前にこれだけ贅沢に本ヒスイを使い、ダイアモンドも一個が0.3キャラット以上はありそうな大きさのを2個。これは当時としてはかなりの大盤振舞の造り。

いったいどのような方がお着けあそばしておられたのでしょう?まさか、李香蘭その人がって事は万に一つもないでしょうが、ヒスイを愛してやまぬ華僑の奥様が、出入りの宝石商にでも命じてお造りになられたものではないのでしょうか?なにせ完全ハンドメイドの一点物、例え量産されてても、もう多分現存する片割れはない事でしょう。

この博物館クラスのアンティークのブレスレット、掘り出し品として秘蔵のコレクションにおひとつ加えて頂ければ幸いです。

ただし、かなりの年代物であります故、仕上げ研磨を施してはいるものの、取り切れていないキズ、イタミは商品の貫禄という事でご容赦くださいませ。

 

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/11003702/

これさえあれば

お久しぶりです!!

ブタゴリラです!!

2ヶ月に1回は頭のサイドラインを刈り上げ、時には髭・眉を整えれる

最高の相棒がこちらです。

昔は長さ調節が3・6・9mm等、数種類しか無かったのですが、最近の

シェーバーは0.5mm間隔で調節が可能。

おススメですよ。

20213188539.jpg

パパ活恰好の標的、チャーのピンブローチ

2021315153951.png

 

 

入荷すれば必ず売れる大好評、チャーのピンブローチがついに再入荷でございますよ皆様!今回は、更にパワーアップいたしましたヴァージョン、爆裂!ダイアモンドパイナップルのピンブローチでございます。

 

以前ございましたチャーの二つのピンブローチも、このブログでご紹介させて頂いたのですが、正直、こんな襟に着ける子供だましのピンバッジ如きものが、中古にもかかわらず20万円を超えるお値段で、しかもインターネットショッピングで売れようとは、不詳わたくし、ご紹介いたしながらも、想像だにいたしませんでした。

そこがそれ、庶民貧民の浅墓なところ。つい自分の尺度、懐具合でもって世の中を推し量ろうとする。

さて、今回はさらにお値段もグーンと跳ね上がって、私ごとき下賤の輩の思惑なんぞをば、はるかに凌駕するダイアモンドまみれのパイナップルでございます。

 

以前、お店のお客様で昔、百貨店で外商さんの同伴で紳士服の販売をされていた方がおられ、色々と面白いお話をお聞かせいただいたのですが、その背広の価格帯の凄い事。

普通サラリーマンとかが仕事に着るようなスーツといいますと、だいた一着、一万円から三万円。そこにちょっとブランドなんかの名前が入って、ささやかな満足感得て5万円。

おしゃれ番長を自負し、こだわりを持ってファッションテイストにうるさい方でも、ご購入の額は十万円越えがせいぜいなところではないでしょうか。

私のような貧乏人なんぞは、セカンドストリートで買った中古の三千円。バブル時代に流行ったアースカラー、ダブルブレスト、ツータックのやつで5年は辛抱しなけりゃいけません。

ところが、一流百貨店外商部で売ってるスーツなんてのは安くて三十万円、高いのになると一着、百万越えはざら。もちろん出来合いの「吊るし」なんかじゃなくて、完全テーラーメイド。

百貨店外商部は客宅に服を売りに行くのじゃなくて、採寸に行くわけであります。もちろん生地はゼニア、スキャバルをはじめとする世界に冠たる高級紳士服地。そして、そういった外商が出入りするお宅の旦那様は必ず毎シーズン、替えのスーツ、シャツ、ネクタイを数着まとめて新調なさるのでございますから、その都度のお支払総額は軽く乗用車一台分。

 

「行ったがなー、外商員助手席乗せて片道二時間半。西脇の田舎まで。ごつい家やこれがまた。車ごと門入って、まだなんぼか走らなあかんねん。しばらくしたら、これまたお城みたい母屋見えてくるねんけど、その向こうの遠くの方に山が見えんねん、そこまでみんなその家の土地や」

 

さて、そのような高級紳士服をまとった旦那さまが夜な夜なお出ましになるのが、東京では銀座、大阪は北新地の所謂高級クラブ。「黒革の手帳」武井咲さんのような美しくも聡明な女性が、和服姿もあでやかに、凛とした所作でお迎えしてくれる紳士の社交場。

 

紳士の社交場とは言いえて妙。銀座、新地などと気どってみても、所詮は水商売。旦那たち、なにも単にお酒を呑む為に行ってるわけではない。呑めない人でもなぜか不思議と行ってしまう。水商売とは男女に社交の場、つまりは自由闊達に異性が交じりあう空間を与え、恋愛を謳歌してもらおうという、ありがたい社会奉仕の精神に則ったお店。

花柳界と呼ばれた昔から、芸者を「落籍す」(ひかす)「身請けする」などと申しまして、借金の年季が明ける前に借金を払ってやり、女中付きの家屋敷をあてがい、自分一人の妾として囲い者にするという事が、男の甲斐性。功成り名を遂げた男の勲章、ステータスとして社会に認知されていた訳でございます。

今の時代、親が作った借金の為に苦界に身を落とす、なんて女性はあまりいてないでしょうが、それでも、もっと自由でリッチな生活がしたいという、さらなる上昇志向がどのような女性、いえすべての人間に備わる煩悩でございます。

毎夜、助平な脂ぎったオッサン、ジイサンを何人もお相手をして、厳しいママに叱られ、意地悪な同僚にはいじめられるお店勤めよりか、助平おやじ一人我慢すりゃ良いだけ、それも毎日来るわけじゃないし。後はプール付きの高級マンションに住まわせてもらい、湯水のごとく与えられる月々のお手当でエステにジムにヨガにグルメ、もう遊び放題。もちろん年四回ほどの海外旅行は当たり前。

そういった都合の良いパトロンのオヤジいねえかなー?

これがいわゆるパパ活の根本思想

旦那、何も旦那の方だけが、お店のお姉ちゃんを品定めしてるわけじゃございませんぜ。敵もさるもの引っ搔くものつってね、姉さんの方でも、しっかり旦那方を品定めしてるんでございますよ。いくらスキャバルの背広着てパテックの時計腕に巻き、エルメスの財布懐から出しても駄目。だってこんなお店来る方は、みんなそうなんだから。制服かと思っちゃうよ、ほんと。 やっぱそれを一段超えたところで勝負しなきゃ。なんだそれって?じゃあおせーてあげましょう。

さあ、いよいよここからが本番だ。いつもながら長げー前置きだね。良いですかい、だいたいこうした場所のお姉さんがたの殆どは、ヒカリモノに目がない。ヒカリモノったって何も鮨のネタじゃあございませんよ。そう、ジュエリーってやつでございますよ。

尾崎紅葉先生不朽の名作「金色夜叉」、寛一お宮の昔から、ダイヤモンドに目が眩みなんていう言葉のとおり、女人を堕とすにゃダイアモンドが一番。下手な口説き文句や怪しい薬よか絶対的な効き目、効能がWHOから報告されてんでございます。

ご覧くださいこのパイナップルの形状をしたピンブローチ。実はこの形状、デザインなんかは二の次。これははっきり申しまして、最高品質ダイアモンドの爆弾と思って下さいまし。

パイナップルの本体部分にはダイアモンドがあろうことか逆さまに留めてある。これは宝飾産業の常識を大きく覆すと言って良いほどの暴挙と言って良い。なぜならダイアモンドてーものは上から入った光を跳ね返し輝くっていう仕組み。それをひっくり返したんじゃ元も子もないわけ。

ところがどうだい、使ってるダイアモンドがあまりにも良いもんだから逆さにしてもギラギラに輝いてる。尖っている方が前面に突出してるんで、本当に光の爆発の様に見えるでございます。凄いねーチャーのやることたー!

こんなのをクラブにお出ましになる時なんぞに、スキャバル、ゼニスの襟にでもお着けになって行ってごらんなさいましな、もう虫取りライトに引き寄せられるが如く、夜の蝶が群がり、もう引く手あまた。パパ活の恰好の餌食になっちまいますよ。なに?怖い?なーに言ってやんだ。スケベ。

 

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/11003959/

 

女性を桃源郷にいざなう夜王のリング

202131016434.png

 

男性憧れの職業といえば、もちろんホスト!女性に貢がせ、毎晩高級シャンパン、高級フレンチを喰らい、高級外車を乗り回す。

もうかなり前になりますが、「夜王」というホストクラブを舞台にしたテレビドラマがあり、そのドラマの主演TOKOIO松岡氏の敵役として、売れっ子ホストを演じていた北村一輝氏のホストっぷりが実に見事で、初めて観た時、芸能に疎いわたくし、てっきり本職の人をキャスティングしたのではと思ったほど。俳優よか最初からホストになってた方が良かったんちゃうんと思うほどでした。

 

男の宝石セールスなんていうのも、人によっては、恵まれた容姿を利用し、かなりホストに近い営業スタイルをとっている者もおりました。

私の宝石屋セールス現役当時、お客のマダムからの、飲み食いから小遣、その他何やかや、幅広いお世話を享受していた不届き者が幾人もおりました。

実際、私の一年先輩、「遊び人のフクちゃん」と異名をとった、不良社員の鏡のような御仁は、なんとホストクラブからスカウトされてましたからね。

結局両親の反対にあって断念されましたが、転職してたらきっと面白い人生が開けただろうに、ああ残念。

その点、私なんぞは、むさくるしい外見と要領の悪いのが祟ってか、そういった浮いた話は一切ございません。せいぜいが、おばあちゃんウケが良かったので、たまに饅頭や最中なんぞをもらうのが関の山。お陰様で今でもおばあちゃんウケの良いのは続いてて、こっちも爺さんになって来た分、今後いい出会いに期待がもてます。

さて、そんなわけで、本日はそんなネオン街のジャングルで虎視眈々と美しい獲物を狩る、ホストの方にイチオシ!こちらのでっかいムーンストーンのリングでございます。

どーです!いかにも夜王って感じのゴージャス&セクシーな指輪ではございますまいか?

センターのムーンストーンだけでなんと14.5キャラット、脇のダイアも1.90キャラットとなかなかの貫禄。これを、海外有名ブランドの純白のスーツと光沢シルバーのシルクのインナー、ルブタンのエナメルシューズのコーデでもって、最後ホワイトムスクのフレグランスで仕上げればもう完璧!

この神秘的なムーンストーンの妖しい輝きが、シャンパンタワーの煌めと溶け合い、その夢幻のごとき様が、顧客の女性をして夢うつつ、前後不覚の放心状態へと至らしめ、この世とは思えぬ桃源郷へといざなうのでございます。

なんや、それやったら何もホスト風情に着けさせて、エエ目さすことあれへんがな。ワシが買おてやな、そないな風体してキャバに乗り込んだら、お姉ちゃんにモテるんちゃうんけ?

と、早合点してはいけませんよ、そこのお父さん。

この指輪はあくまでプロ仕様。素人が下手に手を出したら、とんでもないしっぺ返しを食らうは必定。

と言うほどの災難は起きませんが、お姉ちゃんからの失笑は免れますまい。

お父さんはおとなしく、せいぜい背広の襟に可愛らしいラペルピンでもお着けあそばし、そのような、いわゆる接待を伴う夜のお店で、たんまりお金を落とせばそれでいいのです。

そのお金でもってお姉ちゃん達は、夜王が待つホストクラブに夢を見に行くのですから。

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/01509471/

 

 

11年振り!?

11年振り!?

こんにちわ~がんです。


先日久々に歯医者さんに行ってきました。
長い間行ってないとは思っていたのですが・・・・・・・歯科衛生士さんから「11年振りですね!!!」とあきれた感じで言われましたΣ(O_O;)

私もビックリしすぎて「11年って凄いですね。。。。」としか言えませんでした。

11年振りに歯をみてもらったら・・・まぁ虫歯は無く、キレイに歯磨きは出来ているとの事。
ただ大量の歯石があったらしく、除去してもらいました。

最後に「これからは定期的にちゃんと来て下さい。ちゃんとお掃除しましょ。」と言われました。
こらからはちゃんと行きま~す(^O^)

瞬く間!ブルージルコンリング

202138145252.png

 

ご年配の方の中には、ジルコンと申しますと、ダイアモンドの偽物というイメージを強く持っておられる方が多いのではないでしょうか?

今でこそ、キュービックジルコニアなど、人工的に作られた合成石でダイアモンドに似た石がいくらでもございますから、わざわざ天然石の無色ジルコンをダイアモンドの代用、あるいは贋物として使い、質屋を騙してこましたろ、なんて人はいてませんが、そんな合成石の無い時代は、ジルコンという鉱物、特に無色透明の結晶がダイアモンドの代用として、広く用いられていたのです。

ですから今でも質屋の爺さん連中の中には、キュービックジルコニアも含め、ダイアモンドの類似石を全部ひっくるめて、ジルコンと呼ぶ方がたまにおられます。

 

「けたくそわるい!クソガキがジルコンなんど持てきさらして、この目利きのワシをクサマせるとでも思てけつかんのか、アホンダラが」こんな感じで使われます。ガラ悪質屋!

 

そんな背景がございますこの宝石の歴史は、どうもなにやら胡散臭いイメージが付きまとい、それを嫌ってか、宝飾品メーカーもこの石を使って積極的に製品を作っていこうという姿勢に欠けていたのではないのでしょうか。

 

「わっ、この石なに?よう光って綺麗やないの」

「こちらはジルコンでございまして、この石の・・」

「なんや、ジルコンかいな、しょーもな。こんなもん置いてんのアンタとこ?ええんかいな?老舗の名折れやで」

 

と一昔前ならこんな会話が交わされた事でございましょう。

 

しかし、キュービックジルコニア、その他もろもろの安価で製造できる、ダイアモンド類似石の登場がジルコンの汚名返上に一役買って、ジルコンも晴れて今では、ちゃんとした宝石の仲間入りと相成ったのでございます。

 

なにせダイアモンドの偽物として使われたくらいですから、ダイアモンドに近い高い屈折率と分散のお陰でその輝きは非常に素晴らしい。

高屈折率のデマントイドガーネットが値打ちあるなら、こっちかて負けてへんで、という事で近年その人気はウナギ昇り。

 

さて、そこでご紹介いたします、こちらの指輪でございますが、中石のブルージルコンがなんと9.3キャラットもあるという大物。このブルーのジルコンていうのはジルコンの中でも一番人気のある色だとか。しかも大きい結晶が珍しいらしく、その点からしても、こちらなかなかの掘り出しモノでございます。

とここまでブログを書いたところで、こちらのお品、楽天スーパーセールで売れちゃいました!

やっぱり良いものは足が速いや!

まあ、せっかく書いたので、もったいないからとりあえずアップいたします。なにせ、あんまり出ない石なので、もうブルージルコンをコメントすることもありますまい。なんか淋しい。

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/01003122/

ホワイトデー

2021381486.png

ま近に迫ったホワイトデー。むすめにヴァレンタインのプレゼントもらったから、お返しせなあかんのですが何がええやろ?

あんまり高いもんはよう買わんし、かといってちゃちなものやと叱られそうやし、困った!

ハリーでした。

ギメル ベリーリング クランベリー

202134154939.png

 

さて、本日のご紹介は、任せて安心、預けて便利、じゃございませんが、大船に乗ったつもりで、安心して皆様にご案内できます、日本が世界に誇るジャパニーズブランドの登場。

トヨタ、ニンテンドー、アンドータダオ、クロサワにジブリと肩を並べて、一歩たりと退けをとらぬ、日本の誇りとも呼べる宝石ブランドの雄の登場。

日本のビバリーヒルズとも呼ばれ、皇居周辺に次ぐ厳戒態勢が敷かれているとも噂される超高級住宅地、芦屋六麓荘の地にて、穐原かおるオーナー兼デザイナーの寸分の妥協も許さぬ厳しい監修の下で制作される珠玉のジュエリー、ギメルの作品でございます。

さて、こちらギメルと申しましても、いたってひかえ眼なデザインのルビーリング。さりげなく、普段使いでお召頂ける、可愛らしいデザインでございます。

本物のお金持ちというのは、こういった普段のさりげない装いに、良いものをさりげなく着けるものなのです。このへんが三日天下の成りあがり成金と大きく異なる点でございます。

成金てのは、大抵ちょっと人目に触れるような場所に出かける時は、これ見よがしにバーキンだハリーだと大枚はたいて勇んで買った一張羅をこれでもか、どんなもんじゃいと気負いこんで着用に及ぶわけですが、逆に普段はかねてより慣れ親しんだジャージに雪駄履き。相も変わらず、ス-パー玉出で特売品を漁る習性から抜けきれません。

しかし本物、ジェニュインなお嬢様、例えば幼稚園から大学まで同じエンブレムのミッション系私立学校などに通われ、上場企業の創業者をご先祖にもつようなお方は、逆にそんな人目を惹くようなド派手なパフォーマンスは致されません。

そのようなお育ち、御家系の方は先ずもって家名と言うものを大切になさります。したがいまして品格、品性と言うものに重きを置き、これに反するような振る舞いは、幼少のみぎりより厳しく、乳母や侍従より諭されてお育ちあそばされているのでございます。

ただし、逆に普段の生活は、些末なところにまで、贅のほとばしりが現れる。何せ有産階級、資産家のお家。湯水のごとく湧きいずる不労所得が行き場所を求めて絶えず逆巻いているわけでございますから、とりあえず家具調度から生活雑貨に至るまですべて一級品で設えられる。理由は「別にお金に困ってるわけじゃ無いから、良いもの買っといたら間違いないでしょ」というあくまで品質重視、クォリティーオブライフの精神。

そのような環境でお育ちあそばされた人物と言うものは、身の廻りすべてが一流品、一級品でありますから、その環境下、自ずとモノを見る目も育つわけであります。

このような方が、例えば人気テレビ番組「芸能人格付けチェック」にでも出ようものなら確実に超一流にランクインされることでございましょう。まあ、まかり間違ってもそのような事は起こりえませんが。

さて、こちらのギメルのルビーリング。これは正確にはベリーリングという名称。中東の美女が露出させた下腹の脂肪をプルプル震わせて踊るベリーダンスのベリーではなく、小さな果実、ブルーベリー、ストロベリーのベリーの方でございますので誤解無きよう。

ちなみにこちら、赤いルビーに因んでモデル名はクランベリーと名付けられているそうですが、如何にも甘い果汁を一杯含んだ、みずみずしい朝摘みの可愛らしい果物の風情ではございませんか?これもギメルさんならではの最高の素材で拵えたればこその印象。ルビー、ダイアの質を少しでも下げたら、いっぺんに塩垂れた腐りかけの果実になっちまいます。

さて、こちらの指輪が、いかにして深窓の令嬢のか細い可憐な指にたどり着くかと申しますと、この様なお金持ちのご家族様は、わざわざ下々の者が危険なウイルスをまき散らす、不潔な繁華街などにお出ましになる必要はございません。ご自身で行くまでもなく、お店の側からいつでも電話一本で来てくれるのです。左様、セレブの特権、百貨店外商口座の活用でございます。

 

「奥様、本日はギメルの同行持ち回りで、ギメル社コーディネーターを伴いまして、世田谷方面を回る予定なのでございますが、ご都合の方はいかがでございましょう?」

 

「あら、そうなの。今日は娘もたまたま学校が休みで、お家にいるようですから、せっかくですから一緒に拝見させていただきましょうか」

 

という事で話はとんとん拍子に進み、お嬢様指輪を一目見て「カワイイー!」

セレブ育ちの目の肥えたお嬢様のお眼鏡に見事叶い、サイズもピッタシ、現物即納となったという運びでございます。もちろん値段なんていちいちお尋ねにならない。毎月の売掛引き落としで、他の高級食材なんぞと一切合切の一括口座引き落とし。

ふつうなら庶民の目に触れる機会とて滅多と無い、こちらギメル社の高品質の素材を高度な技術によって作り上げられた、いたって普通な、しかし深窓の令嬢には違いの分かる可愛らしい指輪。下町のお嬢様もどうですおひとつ?違いが判るセレブのお坊ちゃまのお目に留まるやもしれませんぞー

 

掲載ページはこちら → https://item.rakuten.co.jp/douxperenoel/01002418/

 

【楽天スーパーSALE最大半額&ポイント10倍】3/4(木)20時開始!!

20213117128.jpg